薄毛の傾向がある男性の頭皮では、頭皮が硬いこと、皮脂量が多い

株式会社マンダム(本社:大阪市、社長執行役員:西村元延 以下マンダム)は、化粧品(医薬部外品)における機能性の向上を目指し、医療法人社団Xanaduあやこいとうクリニック 院長 伊藤史子医師との共同により、日本人男性の頭皮に関する研究に取り組んでいます。
これまでの研究により、薄毛の傾向がある男性の頭皮では、頭皮が硬いこと、皮脂量が多いことが分かっていました。※
今回、悪化した頭皮状態を改善することを目的に研究を行った結果、「ケラチノサイト成長因子様ペプチド(オリゴペプチド-41)」(以下、KGF様ペプチド)を頭皮に塗布することによって、頭皮がやわらかくなり、頭皮状態が改善することが明らかになりました。
なお、本結果は2016年8月6~7日に開催された「第34回日本美容皮膚科学会」において発表しました。
※参照 : 2015年12月14日のニュースリリース
    「マンダム、ダメージを受けやすい男性頭皮の実態と、頭皮化粧水による改善効果を明らかに」

これは、頭皮の硬さと皮脂が多いのが薄毛の原因の一つであることが研究でわかった時のプレスリリースでの記事です。

頭皮の硬さはカウンセリング時にも言っていますが、頭皮と頭蓋骨の間にあるはずのものがなくなってきている為に、クッションが効きにくくなり硬くなってきている。

その結果、血流が悪くなり毛母細胞に栄養がいかなくなり、毛が弱っていく。
ということに繋がります。

当店では、普段から頭皮が固くならない方法をレクチャーさせていただいております。

この方法一つだけとっても、薄毛予防には最適です。

さらに記事では、「成長因子」云々言っておりますが、「成長因子」だけで毛を生やすのは難しいです。

というのは、ひとつの物だけで髪が生えてくる可能性が低いから。

色々な原因があるので、複合的に考えて、その一つが「成長因子」なら理解できるが、

「成長因子」が万全なわけではありません。

ですので当店は 「再生因子」 での発毛・育毛を行っております。

9月。先着3名様に限るキャンペーンはこちらをクリック

まずはオンラインでの無料カウンセリングを受けてみませんか??
(オンライン気軽にご相談は↑をクリック)

発毛師Ryoへ直接の問い合わせはこちらをクリック