薄毛・細毛・ハゲに朗報!頭髪の臨床研究にて

薄毛のメカニズムは・・・

「男性型脱毛症」が始まるのは、男性ホルモンが分泌される、思春期以降です。

髪の生え際や、頭のてっぺんの髪の毛が、徐々に細く短くなっていくのが特徴です。

その原因の1つが、男性ホルモンの1種「テストステロン」。

この「テストステロン」は血流で運ばれ、頭皮の下に隠れている毛根部分に取り込まれます。

毛根部では、髪の毛の元となる毛母細胞が細胞分裂を繰り返していますが、「テストステロン」は毛根部に入る際、ある酵素に反応し、細胞分裂を抑える男性ホルモンに形を変えてしまいます。

それが、毛母細胞の活動を抑え、髪の成長を邪魔します。

これは、遺伝によって早いか遅いかの違いはありますが、基本的には誰にでも起こることです。

このメカニズムをもとに、臨床研究で薄毛予防に、発毛・育毛を解明していきます!

つづく・・・

9月。先着3名様に限るキャンペーンはこちらをクリック

まずはオンラインでの無料カウンセリングを受けてみませんか??
(オンライン気軽にご相談は↑をクリック)

発毛師Ryoへ直接の問い合わせはこちらをクリック